本文へスキップ

横浜駅近く、丘の上にある教会。捜真バプテスト教会です。

お問い合わせはTEL.045-323-2967 

〒221-0804 神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43

礼拝Worship

  メッセージ > 先週までの礼拝 > 2020年4月5日

先週の礼拝


4月5日 午前10時30分より
メッセージ:「悲愛のまなざし」 
聖書:ルカによる福音書22章31節-34節、54節-62節
説教者:小野慈美牧師

※どなたでも視聴できます。

画面内のフルスクリーンをクリックすると全画面になります。escキーで元に戻ります↑

 最後の晩餐でペテロは、「主よ、ご一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」(22:33)と言いました。しかし、主イエスが捕えられたとき、「弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった」(マタイ26:56)のです。その後、ペテロは大祭司の中庭で行われていた主イエスの裁判の場にもぐりこみました。
 しかし、そこで、主イエスを知らないと三度裏切りました。そのとき、「主は振り向いてペトロを見つめられた」(61)のです。「ペトロは、『今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう』と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣」(61-62)きました。ペテロは、主イエスのまなざしの中に、人間の罪を悲しみつつも、見捨てることをしない愛を見たのです。
 今、わたしたちもこの主イエスのまなざしに出会います。神様は私たちが罪を犯す時、悲しまれますが、私たちを愛さなくなるのではありません。むしろ愛しておられるからこそ悲しまれます。しかし、わたしたちは、「こんな自分を神様は赦して下さるはずがない」と決めつけ、自分の方から離れ、うなだれてしまいがちです。
 そうならないために、主イエスは祈ってくださいました。「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」(22:32)。この祈りがあるから、いつでも、私たちは神様に立ち返ることができます。「さて、わたしたちには、もろもろの天を通過された偉大な大祭司、神の子イエスが与えられているのですから、…憐れみを受け、恵みにあずかって、時宜にかなった助けをいただくために、大胆に恵みの座に近づこうではありませんか」(ヘブライ4:14,16)。「大胆に」とは、「ずずうしく」と言ってもよいでしょう。そうなのです。当然恵みをいただける人などいないのです。ペテロは主のまなざしに出会った後、外に出て激しく泣きました。しかし、主イエスのまなざしは、その後も、ペテロの心をとらえて離さなかったのです。
 私たちも、弱くて、もろくて、くじけやすい者です。しかし、今、自分自身を見て顔をうなだれるのではなく、ずうずうしく、大胆に、主のみ顔を仰ぎましょう。そのとき、主イエスのまなざしに出会うのです。
 そのまなざしは「わたしはあなたの信仰が無くならないようにあなたのために祈った。あなたは立ち直れる。そして、やがて、友を力づけることができるようになる」と語っています。

前   奏    - 茨の冠かぶせられ - Satkz
招   詞    イザヤ書 53章5節
賛   美    315 茨の冠かぶせられ
主の祈り    
分かち合い
聖   書    ルカによる福音書 第22章31-34節  (新共同訳新約 154頁)
         ルカによる福音書 第22章54-62節  (新共同訳新約 156頁)
祈   祷
黙   想
説   教    「悲愛のまなざし」              小野 慈美 牧師
祈   祷
賛   美    197(2,4節) ああ主のひとみ
献   金     (※礼拝堂への入退場時にお捧げください)
感謝祈祷
賛   美    2020年主題讃美歌 神はあなたと共にいる
祝   祷                           小野 慈美 牧師
後   奏

礼拝堂正面のイエス様Soshin Baptist Church捜真バプテスト教会

〒221-0804
神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43
TEL 045-323-2967
FAX 045-323-3979