本文へスキップ

横浜駅近く、丘の上にある教会。捜真バプテスト教会です。

お問い合わせはTEL.045-323-2967 

〒221-0804 神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43

礼拝Worship

  メッセージ > 先週までの礼拝 > 2020年6月14日

先週の礼拝


6月14日 午前11時より
メッセージ:「続・新しい生活様式」」
聖書:使徒言行録2章42-47節
説教者:小野慈美牧師

※どなたでも視聴できます。

画面内のフルスクリーンをクリックすると全画面になります。escキーで元に戻ります↑

     
 新共同訳では、42節と43節の間に区切りがありますが、41節までがペンテコステ当日のことであり、42節以下はその後の初代教会の様子が記されています。42 彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。ここに初代教会が始めた「新しい生活様式」がまとめられています。つまり、彼らは単なる宗教的義務としての礼拝をしたのではなくて、共同体そのものが共に礼拝することを中心として形成されていったのです。教会は、「礼拝を中心とした相互の交わり」が基本であり、これが初代教会の人々が始めた「新しい生活様式」です。
 詩133:1「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」一説によると、この詩編は、バビロン捕囚から帰ってきた人々が、再びエルサレムの神殿で礼拝することができるようになった喜びを表現したものだそうです。あたかも、けさの私たちの思いを言い当てているかのようです。私たちも、礼拝できる喜びを、マスクをしないで思い切り賛美出来たら、どんなにうれしいことでしょう。また、久しぶりに会ったのだから、礼拝の後、一緒にカレーを食べて、近況を分かち合うことができたら、どんなにうれしいことでしょう。そして、カレーを作る方たちも教会員の喜ぶ顔を思い浮かべながら、真心こめてカレーを作ることができたならは、その奉仕はどんなに大きな喜びでしょう。「(信者たちは)喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していた(46-47)」ことの根底にあったのはそのような喜びです。
 42彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。ここには、何をしたかが書かれていますが、実は書かれていないこと、つまり彼らを包んでいた空気が大切なのです。それは、礼拝することができる喜びという空気であり、今、私たちが経験している空気です。
 47 こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。
教会の交わりの中心は「共に礼拝すること」であり、この喜びに一人でも多くの方たちをお招きするためにさまざまな活動をするのだということを確認したいと思います。初代教会を生かしてくださった同じ聖霊なる神様が、一人一人を、そして群れ全体を、絶えず新しくしてくださいますように。

前   奏    - 愛するイェスよ われらここにあり - J.S.Bach
招   詞    詩編95編6-7節
賛   美    51 愛するイェスよ
主の祈り   
聖   書    使徒言行録 第2章42-47節(新共同訳新約 p.217)
祈   祷
黙   想
説   教    「続・新しい生活様式」          小野 慈美 牧師
祈   祷
賛   美    540 (1、3、5) 主イェスにより
献   金    (※礼拝堂への入退場時にお捧げください)
感謝祈祷
賛   美    29 天のみ民も
祝   祷                         小野 慈美 牧師
後   奏
分かち合い

***********************************************
招詞:「6 わたしたちを造られた方/主の御前にひざまずこう。共にひれ伏し、伏し拝もう。
7 主はわたしたちの神、わたしたちは主の民/主に養われる群れ、御手の内にある羊。
今日こそ、主の声に聞き従わなければならない。」(詩編95:6-7)

■ご意見・ご感想
よろしければ、礼拝視聴後にご意見・ご感想をお寄せください。
また牧師宛のメッセージは、牧師のみでお取り扱いさせていだきます。
当目的以外に利用いたしません。
ご意見・ご感想はこちら

礼拝堂正面のイエス様Soshin Baptist Church捜真バプテスト教会

〒221-0804
神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43
TEL 045-323-2967
FAX 045-323-3979