本文へスキップ

横浜駅近く、丘の上にある教会。捜真バプテスト教会です。

お問い合わせはTEL.045-323-2967 

〒221-0804 神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43

教会学校church school

  集会案内 > 教会学校

捜真バプテスト教会 教会学校の歩み

 1948年5月9日捜真女学校仮校舎が完成し、女学校生徒の為の日曜学校が始められ、その年の夏7月26日より31日まで夏期学校が開かれました。教会創立総会以前に始まっていたのです。教会創立後は組織的に運営され、急速に成長していきました。
 副校長制や総主事、教務を置いた時期もありましたが、1963年以降校長、幼、小、中高青年の3科3主事の下に8分級、成人科も加わり現在の組織になっています。

お知らせ

精勤賞の表彰
3月17日(日)の3学期終業礼拝において、今年度30回以上教会学校に出席したお子さんを精勤賞として表彰いたします。

2月の教会学校成人科担当講師
2月 3日   小野 慈美牧師
2月10日  証 し
2月17日  小野 喜美子姉
2月24日  黒澤 裕子姉

ぶどうの木 2019年2月号

聞く耳のある者は聞きなさい

種をまく人のたとえ
マタイによる福音書13章1節~9節
マルコによる福音書4章1節~9節
ルカによる福音書8章4節~8節
     
 共観福音書と呼ばれているマタイ・マルコ・ルカによる福音書には、イエス様が語られた「種をまく人のたとえ」という話が記されています。「道端(みちばた)」「石だらけで土の少ない所」「茨の間(あいだ)」そして「良い土地」の4つの土地にまかれた種が、それぞれどのようになっていくか説明をした後、話のしめくくりとして“耳のある者は聞きなさい”(マルコとルカの福音書では“聞く耳のある者は聞きなさい”となっています。)とイエス様はおっしゃったのです。とても印象的な言葉ですが、どのような意味なのだろうと考えてしまいます。

話は変わりますが、最近私は外山滋比古著「知的な聴き方」という本を読みました。“ただ聞こえるのを「聞く」とよく「聴く」の区別がはっきりしていない”“生まれてから40ヶ月ほどの間、最もよく働くのは耳。耳を育てることが大切”“日本人は幼い時からよく聞くしつけが足りない”“体の糧は口からであるが心の糧は耳から”“考える力を培うためには聴くことが重要”“耳のことばが思考を支える”といった「聴く」ことの大切について書かれています。
「聞く」の意味を調べてみると“音声を耳で感じる。自然と耳に入ってくる”それに対して「聴く」は“注意して聴く・心を傾けて聴く”とあります。イエス様が私達に求めていられるは、「聴く」の方です。

“ボーっと生きて…。”というフレーズが人気をはくしていますが、ボーっと聞いているのではなく、心を傾けよく聴き、次によく考えていかなければ、大切なことはその人の内に留まっていかないことを、約2000年前すでにイエス様は教えて下さっているのです。
日頃の自分の聴き方は?と改めて自分自身に問うています。そして聴くことを意識して過ごして行きたいと考えています。

中高青年科・成人科担当 Y.K

   

今月の讃美歌

♬ しゅイエスはでしたちを     こどもさんびか 52
♬ このままのすがたで
♬ みことばいまうけ       こどもさんびか 35
  献金 まごころこめ          こどもさんびか 24-2 (讃美歌21-64)

今月の礼拝

3日 「やもめの子が生き返る」    ルカによる福音書  第7章11~17節
10日 「72人を喜んで」         ルカによる福音書  第10章17~24節
17日 「善いサマリア人のたとえ」  ルカによる福音書 第10章25~37節
24日 「必要なことはただ一つ」    ルカによる福音書  第10章38~42節

教会学校からのお願い

主の御名を賛美いたします。
教会学校へ通学しているお子さんの送迎をしている保護者の皆さまへのお知らせです。

☆教会学校にお子さんが通学されるご家庭には、朝8:40-9:00の時間帯で交通当番をローテーション制(年1回以上)でお願いしています。徒歩通学・自家用車通学・バス・一般車・タクシーなど行き来する教会前の通りで子どもたちの安全を守るためにご協力をお願いいたします。交通当番の登録は教会事務局で随時しております。

☆ 教会学校への自家用車通学は、登録制となっています。「車通学証」をフロントガラス部分に提示していただいた車のみ駐車場へ駐車可能となります。「車通学証」(年度ごとに登録が必要)発行と交通当番に関するご案内は教会事務局で随時しておりますので、自家用車を利用される方は必ず登録をお願いします。

☆「捜真学院駐車場(教会隣接駐車場)」が満車の場合、「宣教師館駐車場」をご利用ください。「バス停前駐車場(8台分)」と「教会庭」は主日礼拝出席者が使用しますので、教会学校での使用はできません。なお、「捜真学院駐車場」と「宣教師館駐車場」は、捜真学院のご厚意により、日曜日のみお借りしているスペースです。平日・土曜日・祝日は捜真学院が常時使用しています。指定車両以外の駐車はできませんので、十分にご注意ください。

☆ 近隣からご注意を受けていますので、路上駐車は絶対にしないでください。クリエイト内駐車場・教会の崖下の栗田谷ヒルズ沿い道路・栗田谷公園前の坂道での路上駐車は厳禁です。

☆お子さんを送迎のみしている自家用車についても下記の注意をよくご確認ください。


礼拝堂正面のイエス様Soshin Baptist Church捜真バプテスト教会

〒221-0804
神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43
TEL 045-323-2967
FAX 045-323-3979