本文へスキップ

横浜駅近く、丘の上にある教会。捜真バプテスト教会です。

お問い合わせはTEL.045-323-2967 

〒221-0804 神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43

教会学校church school

  集会案内 > 教会学校

捜真バプテスト教会 教会学校の歩み

 1948年5月9日捜真女学校仮校舎が完成し、女学校生徒の為の日曜学校が始められ、その年の夏7月26日より31日まで夏期学校が開かれました。教会創立総会以前に始まっていたのです。教会創立後は組織的に運営され、急速に成長していきました。
 副校長制や総主事、教務を置いた時期もありましたが、1963年以降校長、幼、小、中高青年の3科3主事の下に8分級、成人科も加わり現在の組織になっています。

お知らせ

捜真バプテスト教会創立70周年記念コンサートのお知らせ
・日 時:10月28日(日) 14:00~15:30
・場 所:捜真バプテスト教会 礼拝堂
創立70周年記念聖歌隊、ジュニア聖歌隊、キッズクワイア、オルガニストによるコンサートです。どうぞご家族皆様でお越しください。

七五三祝福式のお知らせ
11月11日(日)の主日礼拝において、七五三祝福式を行います。出席を希望されるご家族は「七五三祝福式のご案内」をご覧になり、申込書に必要事項をご記入の上、事務局までご提出ください。申込締切は11月4日(日)です。


10月の教会学校成人科担当講師
10月 7日 飯島 節子姉
10月 14日  証し    
10月 21日 小野 喜美子姉 
10月 28日 黒澤 裕子姉

ぶどうの木 2018年10月号

「心に響く賛美歌」

皆さんは讃美歌21-533(こどもさんびか129)の『どんなときでも』という歌をご存知ですか?教会学校でも何度か歌っていますから、知っている方もおられると思います。

1) どんな時でも、どんな時でも
  苦しみに負けず、くじけてはならない。
  イェスさまの、イェスさまの
  愛を信じて。

2) どんな時でも、どんな時でも
  幸せを望み、くじけてはならない。
  イェスさまの、イェスさまの
  愛があるから。

私たちは、日々生きている中で、「ああ苦しい」と感じたり、「なんて幸せなんだろう」と思ったりする時があると思います。ちょっと思い浮かべてみてください。では、この詞に出てくる「苦しみ」や「幸せ」はどんなものなのでしょう。

賛美歌は楽譜の左上に詞、右上に曲についての情報が書かれています。この曲の作詞者は、高橋順子(1959-1967)とあります。つまり7歳までしか生きることのできなかった子の詞なのです。順子さんは、作詞当時、骨肉腫(小児がん)で入院していました。50年以上も前です。今ほど、痛み止めの方法も開発されていない中で、毎日襲ってくる痛みに苦しんでいたことでしょう。また、同室で仲良くしていたお友だちが、病状が悪化してくると、一人また一人と別の部屋に移され、皆、もう会えないことを知っていました。心の中でさよならを言い、そして、いつかはその順番が自分に来るかもしれないという不安もあったでしょう。そんな順子さんをいつもお母さんと一緒に教会学校の先生が励ましていました。先生から、神様のお話、イエス様のお話を聞き、病と闘い、くじけそうになる体と心をイエス様が励ましてくださることを身近に感じていたことでしょう。一つ一つの言葉は誰にでも理解できる分かりやすい言葉ですが、そのひと言ひと言は命がけで紡ぎだされた表現です。ことばの重みを感じながら賛美するとき、私はいつも涙が出てきます。

苦しい時のほうが、本当の自分が出てくるように思います。その中で、どうイエス様と関わっていくのか・・・。順子さんは7歳までしか生きられませんでしたが、その信仰は、賛美する人々に、励ましや慰めをずっとずっと与え続けることでしょう。
     
ワーシップ・成人科 担当 小野喜美子

※作曲者の高浪晋一先生は、捜真教会で月二回、賛美歌を歌う「ヒム・フレンド」という合唱団を指導してくださっています。ご興味のある方は、小野喜美子までお問い合わせください。

   

今月の讃美歌

♬ きょうもみんなに     こどもさんびか 105
♬ 主にさんび            
♬ さようならグッバイ (1)  こどもさんびか 37
献金 いまそなえる  こどもさんびか 24-1 (讃美歌21-65-1) )

今月の礼拝

7日 「いかに幸いなことか」     詩編 第1章1~6節
14日 「神は全地に満ちみちて」    詩編 第8章1~10節 
21日 「周りぐるり守られて」     詩編 第46章1~12節
28日 「悔い改めを神の前で」    詩編 第51章1~21節

教会学校からのお願い

主の御名を賛美いたします。
教会学校へ通学しているお子さんの送迎をしている保護者の皆さまへのお知らせです。

☆教会学校にお子さんが通学されるご家庭には、朝8:40-9:00の時間帯で交通当番をローテーション制(年1回以上)でお願いしています。徒歩通学・自家用車通学・バス・一般車・タクシーなど行き来する教会前の通りで子どもたちの安全を守るためにご協力をお願いいたします。交通当番の登録は教会事務局で随時しております。

☆ 教会学校への自家用車通学は、登録制となっています。「車通学証」をフロントガラス部分に提示していただいた車のみ駐車場へ駐車可能となります。「車通学証」(年度ごとに登録が必要)発行と交通当番に関するご案内は教会事務局で随時しておりますので、自家用車を利用される方は必ず登録をお願いします。

☆「捜真学院駐車場(教会隣接駐車場)」が満車の場合、「宣教師館駐車場」をご利用ください。「バス停前駐車場(8台分)」と「教会庭」は主日礼拝出席者が使用しますので、教会学校での使用はできません。なお、「捜真学院駐車場」と「宣教師館駐車場」は、捜真学院のご厚意により、日曜日のみお借りしているスペースです。平日・土曜日・祝日は捜真学院が常時使用しています。指定車両以外の駐車はできませんので、十分にご注意ください。

☆ 近隣からご注意を受けていますので、路上駐車は絶対にしないでください。クリエイト内駐車場・教会の崖下の栗田谷ヒルズ沿い道路・栗田谷公園前の坂道での路上駐車は厳禁です。

☆お子さんを送迎のみしている自家用車についても下記の注意をよくご確認ください。


礼拝堂正面のイエス様Soshin Baptist Church捜真バプテスト教会

〒221-0804
神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43
TEL 045-323-2967
FAX 045-323-3979