本文へスキップ

横浜駅近く、丘の上にある教会。捜真バプテスト教会です。

お問い合わせはTEL.045-323-2967 

〒221-0804 神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43

教会学校church school

  集会案内 > 教会学校

捜真バプテスト教会 教会学校の歩み

 1948年5月9日捜真女学校仮校舎が完成し、女学校生徒の為の日曜学校が始められ、その年の夏7月26日より31日まで夏期学校が開かれました。教会創立総会以前に始まっていたのです。教会創立後は組織的に運営され、急速に成長していきました。
 副校長制や総主事、教務を置いた時期もありましたが、1963年以降校長、幼、小、中高青年の3科3主事の下に8分級、成人科も加わり現在の組織になっています。

お知らせ

精勤賞の表彰
3月15日(日)の3学期終業礼拝において、今年度30回以上教会学校に出席したお子さんを精勤賞として表彰いたします。

1月26日 合同分級の報告
1月26日の分級の時間は、「オアシスチャペル利府キリスト教会」の賛美チームが賛美のリードをしてくださいました。ギター、ドラム、キーボードなどの楽器を使って、出席していた大人も子どもも元気に楽しく賛美をすることができました。

2月の教会学校成人科担当講師
2月 2日   飯島 節子
2月 9日  黒澤 裕子
2月16日  小野 喜美子
2月23日  証 し

ぶどうの木 2020年2月号

出会い

 今年度の教会学校もあと僅かとなってまいりました。たくさんの子どもたちの屈託のない笑顔や純粋な心に触れ、素晴らしい出会いと恵みに満ちた時となりました。教会学校へと生徒を送り出してくださり、教会に携わってくださるそれぞれのご協力とご理解に感謝申し上げます。
 教会とは、常に新たな人と出会いと交わりを通して、神様の愛と恵みの深さや大きさを感じることが出来る場所です。そしていつでも誰でも、尋ねて来て神様を身近に感じることが出来るところです。
昨年のクリスマスにも、嬉しい出来事がありました。一つは、クリスマスイブに10数年ぶりに1人の卒業生が礼拝に来ていました。その青年は、学校では普通級と支援級を行き来している子どもでした。そんな彼が今〇〇で働いていてこんな僕がリーダーを任されているのだと、嬉しそうに報告してくれたのです。もう一つはいつも挨拶を交わすご婦人とクリスマス祝会で、その方が受けた神様の愛を知り共に恵みを分かち合えたことです。クリスマスの2つの出来事によって、神様は今ここに共にいて豊かに一人ひとりを導いてくださっているのだと再確認させられました。
教会は日常生活とは違う人々との出会いと交わりがあり、神様の恵みと導きに触れ、自らに与えられている恵みに気づくことができる場所です。
私の母の家系はクリスチャンホームゆえ、神様の存在は自分が望まなくても側にありました。また捜真幼稚園の教師となり、捜真バプテスト教会での教会生活が始まり、家庭や職場の環境ゆえ今日まで神様から離れずに過ごして来ることができました。しかしそれは、時には神様の愛の恵みが、重荷や重圧に思える時期が幾度となく押し寄せては消えながらの歩みでした。また心から神様に仕えているのでなく、職場と教会が同じゆえの偽善的な自分の姿に悩んだりもしました。しかし今は、すぐに心が離れてしまう私の弱さをご存知の神様は、愛と忍耐を持って私を導いていてくださったのだと思っています。今では全てが、神様の恵みであったと心から思える様になりました。神様と共に歩むことなしに、今の私は存在しません。

「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。
 門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、
 門をたたく者には開かれる。」    マタイによる福音書7章7節~8節


 神様は、常に私たちの前に神様の恵みへの門を用意してくださっています。その門をたたくのも、その門の向こうの神の国へ入るのも、その門を出るのも私たちの意志です。しかし私がどの様な時も神様の愛と恵みはいつも変わらないのです。
 どの様な出会いであれ、その関わりを継続することは容易なことではありません。しかし神様の出会いは、他の出会いと異なり、自ら神様を求めることができる時も離れている時もいや出会う前から変わらない愛を持って見守ってくださっている出会いなのです。
皆様にとっての神様そして捜真バプテスト教会との出会いとは…
目の前の扉を開けてみませんか?そこには、変わらない神様の愛と恵みが溢れています。神様の愛と恵みに導かれた出会いが、皆様にとって益々豊かな出会いとなりますように祈っております。

小学科主事・低学年担当 岡野 きよみ

   

今月の讃美歌

♬  さあ、ダビデのように  こどもさんびか 13
♬  神はあなたと共にいる
♬  かみをたたえよう   ツマミナ1-1
献金  まごころこめ  こどもさんびか 24-2 (讃美歌21-64)
 

今月の礼拝

「赦しの主を宣べ伝える」
2日   ローマの信徒への手紙   第3章21~26節
9日   ローマの信徒への手紙  第6章15~23節
16日   コリントの信徒への手紙 Ⅰ 第1章18~25節
23日   フィレモンへの手紙  8~22節

教会学校からのお願い

主の御名を賛美いたします。
教会学校へ通学しているお子さんの送迎をしている保護者の皆さまへのお知らせです。

教会学校にお子さんが通学されるすべてのご家庭には、朝8:40-9:00の時間帯で交通当番をローテーション制(年1回以上)でお願いしています。徒歩通学・自家用車通学・バス・一般車・タクシーなど行き来する教会前の通りで子どもたちの安全を守るためにご協力をお願いいたします。交通当番の登録は教会事務局で随時しております。。

☆ 教会学校への自家用車通学は、登録制となっています。「車通学証」をフロントガラス部分に提示していただいた車のみ駐車場へ駐車可能となります。「車通学証」(年度ごとに登録が必要)発行と交通当番に関するご案内は教会事務局で随時しておりますので、自家用車を利用される方は必ず登録をお願いします。第2園庭駐車場(教会隣接駐車場)に駐車してください。。

☆ 近隣からご注意を受けていますので、路上駐車は絶対にしないでください。クリエイト内駐車場・教会の崖下の栗田谷ヒルズ沿い道路・栗田谷公園前の坂道での路上駐車は厳禁です。

☆お子さんを送迎のみしている自家用車についてもよくご確認ください。


礼拝堂正面のイエス様Soshin Baptist Church捜真バプテスト教会

〒221-0804
神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43
TEL 045-323-2967
FAX 045-323-3979