本文へスキップ

横浜駅近く、丘の上にある教会。捜真バプテスト教会です。

お問い合わせはTEL.045-323-2967 

〒221-0804 神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43

教会学校church school

  集会案内 > 教会学校

捜真バプテスト教会 教会学校の歩み

 1948年5月9日捜真女学校仮校舎が完成し、女学校生徒の為の日曜学校が始められ、その年の夏7月26日より31日まで夏期学校が開かれました。教会創立総会以前に始まっていたのです。教会創立後は組織的に運営され、急速に成長していきました。
 副校長制や総主事、教務を置いた時期もありましたが、1963年以降校長、幼、小、中高青年の3科3主事の下に8分級、成人科も加わり現在の組織になっています。

お知らせ

お願い
遅刻が多くなっています。教会学校の登校時間は8時50分です。礼拝前に、礼拝堂で讃美歌練習をして、9時から礼拝が始まります。遅刻しないようにお願いいたします。

自家用車通学をなさっている方々へ
自家用車通学をなさっている方々には、交通当番をお願いしています。今学期も引き続き、交通当番をよろしくお願いいたします。

2018.12.16 教会学校クリスマス礼拝報告
中高青年科の生徒たちによるトーンチャイムの演奏から始まり、小学科高学年の子どもたちによる聖書朗読と幼稚科、小学科低学年の子どもたち、それぞれの賛美でページェント(聖書と賛美でたどる降誕劇)をしました。ページェントの最後には高学年の子どもたちが様々な楽器で「あらののはてに」を演奏、賛美をして、イエス様のご降誕をお祝いしました。

クリスマス献金ありがとうございました
12月24日までに50名の方から献金をいただきました。献金袋に領収印を押してお返しいたしますので、ご確認ください。

1月の教会学校成人科担当講師
1月13日     飯島 節子姉
1月20日     小野 喜美子姉
1月27日     黒澤 裕子姉

ぶどうの木 2019年1月号

2019年標語「主はわたしの救い」

「主はわたしの力、主はわたしの歌、主はわたしの救いとなってくださった。」 出エジプト記 15:2

新しい年を迎え、教会学校は今日から3学期が始まりました。いつも捜真バプテスト教会の礼拝にお子様を送り出してくださり、またご家族で礼拝や交わりに参加してくださりありがとうございます。

今回のタイトルに掲げた「主はわたしの救い」と出エジプト記第15章2節の聖句は捜真バプテスト教会の2019年標語として選ばれました。毎年、様々な聖句が選ばれていますが、年の初めの新年礼拝で牧師よりその聖書箇所から説教がなされ、毎月第1日曜日には皆でこの聖句を唱和しています。礼拝堂の正面の壁にこの聖句が掲げられ、10
時半からの主日礼拝週報の表紙に年間通して記載されています。
それほどに大切にしている御言葉なので、教会学校に通っている皆様にも是非知っていただきたいと思います。この聖句から与えられる神様からの愛の深さについて、より深く味わいたい方は毎週の礼拝に出席したり小野慈美先生にお尋ねください。

私は日々の生活において、様々な課題を抱えながら不安や心配事のすべてから解放されることなく生きていくしかないと実感してきました。学生時代は成績や進路に、社会人になり職務や人間関係に、結婚し夫婦関係や両家の家族関係に、出産後は子育てや子どもの成長に、子育て中に重なって親との別れや介護と自分の健康の変化に…と、それぞれの時代に自分だけの考えや努力ではどうにも出来ないことがありました。今の私はというと、娘2人が続けて大学受験時期で、20年以上一緒に役割分担しながら生活してきた夫が数年間の単身赴任となり、仕事は次から次へと締切に追われ、…教会学校に繋がっている皆様もどれかは経験されたり似たような状況の方がおられると思います。
そのような状況でも日々御言葉に触れ、祈り祈られる生活をしている中で、私は大きな力と愛に支えられていると感じることがしばしばあります。それは聖書のメッセージから、祈りの言葉から、身近にいる人を通して、賛美を通して…様々な方法で神様が私に必要なものすべてを送ってくださっているからです。

昨年、流行語にもノミネートされた「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」を番組で初めて観た時、素朴な身の回りの話題から自称5歳のチコちゃんがゲストに質問して答えられないと顔を大きくしてゲストに向かって叱っている様子を見た瞬間に、私の頭の中によぎることがありました。それは、私に見えている世界はほんの一部でなんとなく知っているように思っていてもほとんどのことは分からないまま生きている、知っているつもりでもなんと神様の愛の深さ大きさに気づかずに生きていることか…チコちゃんのように神様から私は諭されているような気がしました。神様のご計画を測り知ることができない私(たち)ですが、神様のもとで生かされて神様の愛を土台に支えられながら神様の示された道を歩んでいくことに幸い(救い)があることを改めて心に留めました。こんな私(たち)を神様は見捨てず愛をもって人生の終わりまで励まし続けてくださるお方であることを、クリスマスで私たちは触れることができました。
2019年の聖句も今年の私を大いに励ましてくれることになるでしょう。この大切な聖句と共に教会生活を送りながら、ボーっと生きないように!神様を中心に的を外さないように!学び交わり共に歩んでまいりたいと願います。

教会学校では保護者の皆様の様々なアイデアやご協力により、より一層教会学校の充実をはかり礼拝や子どもたちの分級活動を楽しく深めていきたいと期待しております。小野慈美牧師または教会学校スタッフにお声がけください。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって恵みの年となりますように、神様の祝福をお祈りいたします。

中高青年科 T.T

   

今月の讃美歌

♬ きょうもみんなに     こどもさんびか 105
♬ ひかりのこ
♬ いまでかけよう     こどもさんびか 36
  献金 まごころこめ    こどもさんびか 24-2 (讃美歌21-64)

今月の礼拝

13日 「主が遣わされた方」   ルカによる福音書  第4章16~30節
20日 「弟子とされるシモン」  ルカによる福音書  第5章1~11節 
27日 「イエスに従ったレビ」  ルカによる福音書 第5章27~32節

教会学校からのお願い

主の御名を賛美いたします。
教会学校へ通学しているお子さんの送迎をしている保護者の皆さまへのお知らせです。

☆教会学校にお子さんが通学されるご家庭には、朝8:40-9:00の時間帯で交通当番をローテーション制(年1回以上)でお願いしています。徒歩通学・自家用車通学・バス・一般車・タクシーなど行き来する教会前の通りで子どもたちの安全を守るためにご協力をお願いいたします。交通当番の登録は教会事務局で随時しております。

☆ 教会学校への自家用車通学は、登録制となっています。「車通学証」をフロントガラス部分に提示していただいた車のみ駐車場へ駐車可能となります。「車通学証」(年度ごとに登録が必要)発行と交通当番に関するご案内は教会事務局で随時しておりますので、自家用車を利用される方は必ず登録をお願いします。

☆「捜真学院駐車場(教会隣接駐車場)」が満車の場合、「宣教師館駐車場」をご利用ください。「バス停前駐車場(8台分)」と「教会庭」は主日礼拝出席者が使用しますので、教会学校での使用はできません。なお、「捜真学院駐車場」と「宣教師館駐車場」は、捜真学院のご厚意により、日曜日のみお借りしているスペースです。平日・土曜日・祝日は捜真学院が常時使用しています。指定車両以外の駐車はできませんので、十分にご注意ください。

☆ 近隣からご注意を受けていますので、路上駐車は絶対にしないでください。クリエイト内駐車場・教会の崖下の栗田谷ヒルズ沿い道路・栗田谷公園前の坂道での路上駐車は厳禁です。

☆お子さんを送迎のみしている自家用車についても下記の注意をよくご確認ください。


礼拝堂正面のイエス様Soshin Baptist Church捜真バプテスト教会

〒221-0804
神奈川県横浜市神奈川区栗田谷42-43
TEL 045-323-2967
FAX 045-323-3979